【要注意】実際にあったNFT詐欺の実例と効果的な対策法

  • URLをコピーしました!

アフェリエイト広告を利用しています。

最近、NFTの人気が高まっており、それに伴いNFTの詐欺(スキャム)も増えています。

NFTや暗号通貨界隈はDYOR(Do Your Own Research)が原則です。

実際にあった事例を知り、対策を行うことで自己防衛力を上げてNFTライフを楽しんでいきましょう。

軍師あめ

対策方法は複数ウォレットで防御UP!

もか国王

この記事は4分で読めます。

この記事でわかること

・実際にあった詐欺事例

・具体的な対策方法

目次

NFT詐欺とは?|NFT詐欺の実例と効果的な対策法

NFT詐欺とは自分の意図しないトランザクションに署名させられて、大事なNFTや通貨が抜かれてしまう行為のことを言います。

NFT界では上級者でも少しの油断で被害に遭遇してしまう魔界なので『自分は大丈夫!』という意識ではなく、定期的に被害にはあってしまうものと考えておきましょう。

実際にあったNFT詐欺事例|NFT詐欺の実例と効果的な対策法

DM詐欺
偽アカウントからのスキャム行為
身に覚えのない手持ちNFTに高額なオファー
アカウントの乗っ取り
偽NFTの出品
Free WiFiから情報の抜き取り
他にもある詐欺事例

DM詐欺

TwitterやDiscordに送られてくるDMは全て詐欺サイトへの誘導と思ってください。

有名プロジェクトを装ってDMが来ることがありますが100%詐欺なので無視しておきましょう。

偽アカウントからのスキャム行為

今は、Twitterに課金すると簡単に認証マークをつけることが出来るので”認証マーク”や、買うことの出来るフォロワー数で判断するのは危険です。

https://twitter.com/Ena_Cryptia/status/1489431784551063553
https://twitter.com/Artist7yChibi/status/1625253480720920615

身に覚えのない手持ちNFTに高額なオファー

スキャムNFTが勝手に送りつけられ、そのNFTに高額オファーが来るパターンの詐欺です。

意図しない署名にサインしてしまう事がないように完全無視しましょう。

もか国王

欲望に負けて署名しそうになりました(^_^;)

https://twitter.com/kengkenginvest1/status/1576341993449730050

アカウントの乗っ取り

新規NFTがリリースされる時にDiscordが乗っ取られ、詐欺リンクが貼られた事例です。

運営者の責任に負うことが大きいですが、ミントするときには必ずPCから行いトランザクションを確認しましょう。

https://twitter.com/jam50tak/status/1596484125749260288

コレが出ると絶対に署名NGです。

スマホからのミントは早押しには有利ですが、署名の確認ができないので止めておくのが懸命です。

偽NFTの出品

詐欺師がNFTマーケットプレイスに登録し偽のNFTを販売、買い手からお金を騙し取ることがあります。

オリジナルをコピーしているので見分けがつきませんが、出品数や取引量(TotalVolume)が違います。
必ず公式にアナウンスされたURLからアクセスしましょう。

マーケットプレイスの検索画面から探すと偽物も検索画面に出てきてしまいます。

剣士きろ

見つけたら通報だにゃ。

Free WiFiから情報の抜き取り

外出先でFree WiFiを利用する場面があると思いますが、Free WiFiでは通信内容を盗まれる危険性があります。

なりすましのFree WiFi設置者が、内容を搾取するソフトを使用しデータを抜き取ったり盗み見られることも。

『シーズフレーズ』をスクショしてスマホやPC内に保存しておくと、不正にアクセスされ全資産を抜かれてしまいます。

・ウォレットを接続するときにはFree Wifiは使わない。
・シーズフレーズはオフライン管理する。

博士みけ

情報が保護される”VPN接続”に対応しているとまだ安心だにゃぁ。

他にもある詐欺事例

SNSで悩みを相談するとすぐにこのようなリプが来たりします。

絶対に入力はNGです。

ググってURLに飛ぶときも注意!
課金すれば検索上位にすることも出来るので偽サイトが一番上にくることも…

https://twitter.com/kosk_t/status/1626462137953689600
貴族るか

おさらい!

DM詐欺
偽アカウントからのスキャム行為
身に覚えのない手持ちNFTに高額なオファー
アカウントの乗っ取り
偽NFTの出品
Free WiFiから情報の抜き取り
他にもある詐欺事例

大事なNFTを守る方法|NFT詐欺の実例と効果的な対策法

詐欺の手口はドンドン巧妙化しているので、これだけではありませんが署名時に確認をしっかりとすることで防ぐことができますが、定期的に詐欺には遭遇するものだという認識は持ちましょう!

博士みけ

安心の為にハードウォレットを使うのにゃ!

ウォレットを分ける

  • 自分の作品用のウォレット
  • ミント用のウォレット
  • 販売用のウォレット
  • 当販売予定のない保管用のウォレット

ウォレットを分けておくと安心度が増す反面、トランスファーが必要になるのでいちいちガス代がかかるというデメリットもあります。

ハードウェアウォレットを使用する

ハードウェアウォレットとは?

メタマスクなどのソフトウェアウォレットは、『秘密鍵』をブラウザ上で保管しているのに対し、ハードウェアウォレットは、『秘密鍵』をネットから切り離された端末内に保管しています。

ネットやPCから物理的に繋がっていないのでハッキングされるリスクがなく、セキュリティが飛躍的にUP!

https://twitter.com/kanerinx/status/1461528477060927503

一度、人の手に渡っている時点でウイルスを仕込まれている可能性があります。amazonなどのプラットフォームも誰でも出品できるので安心とは言えません。

もか国王

私は『Ledger Nano S Plus』を使っているのにゃ。

購入時は必ず公式サイトから購入しましょう。

その他

DiscordのBotが偽物…なんてこともあります。
信頼できるBotにはメモを入れておくと安心できます。

https://twitter.com/jam50tak/status/1601124563425071104

まとめ|実際にあったNFT詐欺の実例と効果的な対策法

NFTやブロックチェーン=詐欺ではありませんが、NFTを触るなら詐欺対策は必須です。
「自分には関係ない」「資産が増えてから対策しよう」これでは大事な資産は守れません。 

・複数のウォレットを使い分け、保管用、売買用に、Mint用を使い分ける。
・大事なNFTはハードウェアウォレットに保管。
・秘密の鍵(シーズフレーズ)はオフラインで管理。

被害に会う前にハードウォレットの導入をオススメします。

もな王子

購入時は必ず公式サイトから!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次